シャンクを克服する裏技 | ゴルフ・ライフ・フィットネス

シャンクを克服する裏技

シャンク対策の補足、裏技として今回は、小澤プロに解説、実演していただきます。

シャンクの原因、そしてその対策は、1回、2回と分けてお伝えしましたが、今回は、その補足として、シャンク対策に”呼吸”を絡めていく、という話をしていきます。

シャンクを防ぐために、

  • 不器用な体幹を中心にスイングをする
  • クラブのフェイスローテーションをあまり使わない
  • ダウンスイング時、腰が前に出てこないようにする

という基本的なポイントを押さえつつ、ぜひ取り入れていただきたいのが、「呼吸」です。

シャンクを含む、ゴルフのミスのほとんどが、​

  • スイングが速くなることが原因

なので、どういう状況下でもスイングが速くならないように、呼吸の吸う、吐くというリズムを、スイングにリンクさせることを心がけてみましょう。

そして、呼吸の使い方、リンクのさせ方にもコツがあります。​

吸ってクラブを上げ、吐いてクラブを下す、という2拍子ではなく・・・​

  • 1:吸ってクラブを上げ・・・
  • 2:トップで間を少し置き・・・
  • 3:ダウンスイングからインパクトで吐く・・・

という3拍子にすること、です。

ここは非常に大事なポイントですので、呼吸を3拍子でスイングにリンクさせること・・・を意識し、小澤プロの実演も見ながら、ぜひ試してみて下さいね!

コメント、質問はいつでも大歓迎です。​

シェアする!

井ノ原 卓

ゴルフ・ライフ・フィットネス事務局・マネージャーをやっております。マーケティング・インターネット関連担当です。よろしくお願いいたします。

>