シャンクの原因 | ゴルフ・ライフ・フィットネス

シャンクの原因

ゴルフのレベルがどのレベルであれ、いや~なシャンク。案外その原因を明確に知ってるゴルファーは少ないもの。今回は、その原因を小澤プロが解説します。

まず・・・シャンクの物理的な原因を説明しましょう。

シャンクは、クラブの付け根・・・ネックよりのヒールに、クラブフェイスが開いた状態で当たることから起こります。

物理的な原因は、このように非常にシンプル、当たり前、なのですが、ではなぜ?クラブフェイスが開いて、しかもヒールに当たるようなスイングに陥ってしまうのでしょうか?​

ほとんどは、クラブが下から入る・・・つまり、左の脇があいてしまい、​左腕も浮いてしまう・・・というスイングが原因になっています。

そうならないための対策ですが、大きくは2つあります。​

  • 対策1:体幹を中心としたスイングを心がけるということ

手打ちにならないように脇をしめて、体の軸、体幹を中心としたスイングを心がけること、これが1つ目のシャンク対策です。

  • 対策2:フェイスローテーションをあまり使わない

スイング中、フェイスを開いて閉じる、というフェイスローテーションを使いすぎるとシャンクになりやすいので、なるべくフェイスローテーションを使わないスイングにすること、というのが2つ目の対策です。

シャンクの原因をしっかり自分で理解し、この2つのポイントに注意してスイングしてくださいね。ぜひ小澤プロの動画もご覧ください!

質問、コメントはいつでも大歓迎です。​

シェアする!

井ノ原 卓

ゴルフ・ライフ・フィットネス事務局・マネージャーをやっております。マーケティング・インターネット関連担当です。よろしくお願いいたします。

>