深いラフからのトラブルショット、どうする? | ゴルフ・ライフ・フィットネス

深いラフからのトラブルショット、どうする?

あちゃ~、またやっちゃった・・・ラフだ~(泣)

ゴルフにミスショットはつきもの。でもミスショットの後に、さらなる試練!と言わんばかりに、打ったショットが深いラフに・・・

誰でもそんな経験はあるものです。

そんな深いラフからのショット、三山プロいわく、大事なポイントがいくつかあるとのこと。まずは・・・

  • ェッジを使う

サンドウェッジなど、フェイスが広いウェッジを使うこと。これがまず基本中の基本です。

さらに・・・このウェッジを持つ際には、なるべくフェイスが開くように持つこと、というのも重要です。

  • 強く打ち込もうと思わない

​​​​ラフにボールが沈み込んでいる場合、なんとかうまく出そうとして、強く打ち込もうとしがちですが、これはNGです。

強く打てば打つほど、深いラフにクラブのネックの部分がからまり、フェイスがねじれてしまう傾向になります。

  • ​フェイスローテーションをなくし、大きくはらうように打つ

開いたフェイスの角度をそのまま維持するようにして、大きく、ラフの草ごとボールもいっしょにはらうようにして打つ。これが正解です。

ゴルフにはミスショットはつきもの。

でも・・・ミスの後、どう”リカバリー”するか?

が大事で、スコアに直結します。ぜひ参考にご覧ください!

シェアする!

井ノ原 卓

ゴルフ・ライフ・フィットネス事務局・マネージャーをやっております。マーケティング・インターネット関連担当です。よろしくお願いいたします。

>