パターの距離感のあわせ方 | ゴルフ・ライフ・フィットネス

パターの距離感のあわせ方

パターの距離感のあわせ方

​パターの距離感・・・

​案外難しいものです。

アメリカのあるプロが

「ドライバーは見せるもの、パターは稼ぐもの」

と言ってるのを聞いたことがありますが、プロにとってパターはお金に直結する最も大事なもの、という意味がひしひし伝わってくる言葉ですよね。

我々アマチュアに言い換えれば、パターはスコアに直結する最も大事なもの、という風になるのではないでしょうか。

で、そのスコアに直結するパッティングで最も大事になってくるのが、

距離感

です。その合わせ方を、竹内プロが教えてくれています。

プロいわく、

「パターの距離感の基本は、右手(左利きの方は左手)でボールを転がす感覚をやしなうこと」

ということ。

そう・・・コツんっと打つのではなく、転がす、という感覚が大事なんです。

その感覚を身に着けるドリルとして

  • 利き手でボールを何回もターゲットめがけて実際に転がす
  • パターを右手だけで持ちボールをストロークする

という2つが効果的とのこと。ぜひ下の動画も見て試してみて下さいね!

シェアする!

井ノ原 卓

ゴルフ・ライフ・フィットネス事務局・マネージャーをやっております。マーケティング・インターネット関連担当です。よろしくお願いいたします。

>