パターで10打縮める方法パート2 | ゴルフ・ライフ・フィットネス

パターで10打縮める方法パート2

パターで10打縮める方法パート2。パッティングの中でも、スコアに最も直結するのは「ショートパット」。呼吸打法を使った「ショートパット」の極意を紹介します。

スコアに最も影響するのがパター。そのパターの中でも、1メーター以内のショートパット・・・これが最もスコアに直結します。

しかし・・・プロ、またプロを目指す競技ゴルファーでさえ、案外このショートパット、安定させるのが難しいのです。もちろん、前回も​小澤プロが解説・実演したように、

呼吸を使えばある程度、ストロークを毎回安定させ、精神的動揺にも左右されにくくなります。しかし、1m、50㎝とかいうショートパットでは、もう少しテクニックが必要となります。

そのテクニックのカギは、

”呼吸の吐き方”

です。呼吸の吸う強さに対し、若干ですが、吐く強さをもう少し強くするのです。

ショートパットの場合、距離が短いため、吐く息が弱くなる傾向にあります​。そうすると、自分のイメージより弱弱しいタッチになり、結果・・・ショートしてしまったり、ショートしないまでも、ボールの動きが弱々しくなり、カップをなめて外れる・・・みたいになるのです。

具体的な呼吸の使い方、実践は動画で確認してください。コメント、質問は大歓迎です!​

シェアする!

井ノ原 卓

ゴルフ・ライフ・フィットネス事務局・マネージャーをやっております。マーケティング・インターネット関連担当です。よろしくお願いいたします。

>