小澤ゴルフの神髄パート2 | ゴルフ・ライフ・フィットネス

小澤ゴルフの神髄パート2

ほとんどの人はゴルフスイングの考え方が間違っています。

​レッスン中、よく小澤先生はこんな言い方をします。

前回も話したように

小澤ゴルフの神髄は、

「その場しのぎの応急処置的レッスンではなく、根本治療的ゴルフレッスン」

にあります。

​どうでしょう・・・あなたがスイングする際、スイングのどの部分を意識して振っていますか?

テークバック?トップの位置?テークバックの角度?フォロースルー?フィニッシュ?

小澤先生いわく、

「スイングのそういう細かいことに意識を向けるのは、残念ながら全て間違っている。」

ということなんです。

10月、小澤先生のレッスンが初体験の会員さんが教えられていることは、たった1つ・・・それは

アドレス

です。

これは小澤先生のレッスンを受けた方は体感していますが、

たかがアドレス、されどアドレス、で、アドレスが変わるだけで

  • 何をやっても治らなかったシャンクが一瞬にして治ってしまった・・・
  • どんなに振り回しても伸びなかった飛距離が、一瞬にして飛距離アップしてしまった(ヘッドスピードが大幅アップ)・・・
  • 10球打って1球がなんとか真っすぐ飛ぶかな・・・という安定性に欠けていたのが、一瞬にしてミート率がアップしてしまった・・・

こういう驚くような結果が生まれています。決して大げさに言っているのではありません。本当にそのような結果が生まれているんです。

小澤先生は言います。

「アドレスは、家の建築で言えば基礎のようなもの。基礎がしっかりしていないのに、いくら良い材料使って家を建ててもすぐに倒れてしまうよね。

ゴルフも一緒。まずはしっかりとしたアドレスを身に着けないと、いつまでたってもいいスイングは身につかないもの。」

みなさん。小澤流のアドレスをしっかり身に着けられるよう、練習しましょね!

追伸:今、みなさんにお届けできるよう、小澤先生のワンポイントビデオレッスンも準備中です。

​楽しみに!

シェアする!

井ノ原 卓

ゴルフ・ライフ・フィットネス事務局・マネージャーをやっております。マーケティング・インターネット関連担当です。よろしくお願いいたします。

>