完璧主義でゴルフはうまくならない、その理由とは↓ | ゴルフ・ライフ・フィットネス

完璧主義でゴルフはうまくならない、その理由とは↓

​レッスン受けてるのに、なかなかうまくならなくて・・・

こんな言葉、最近会員の方から聞くことがちらほらあります。

ゴルフは、残念ながら・・・

数学の正比例のグラフのように、レッスンを受けていけば・・・練習をコツコツやっていけば・・・右肩上がりに上達するスポーツではありません。

「なかなかうまくならない・・・泣」

って嘆く気持ち、ストレスになる悔しさ、ほんと、よくわかります。

そんなあなたへ、当スクールヘッドコーチ、小澤先生のメッセージをプレゼントします。

小澤先生は、メンタル(考え方)、そしてテクニック(技術)で、ある程度突破口が開けるよ~

って言ってます。

​メンタル(考え方)

​小澤先生はよく、


「ゴルフで完璧を求めちゃダメ。6、7割良ければOK、ってとらえるくらいでちょうどいいんだよ」


そんな風に生徒さんに教えています。


レッスンで教わったこと、練習してうまくいったこと、コースで”完璧に”やってやろう!


そんな風に考えてませんか?


ゴルファーはまじめな方が多いので、往々にして


”完璧主義”


という罠にかかりやすいです。しかし・・・完璧主義ではゴルフはうまくなりません。


教わったことの6割できればOK!


そんな風に楽に、そしてどっしりとかまえてコースに臨んではどうでしょう?


それだけで肩の力が抜けて、結果が変わるかもしれませんよ。

テクニック(技術)

小澤先生は、スイングを”かたち”としてとらえるのではなく、


”一連の流れ(フロー)”


としてとらえましょう、って教えています。


今は、Youtubeなど、トッププロからトップアマ、アマチュアまで、ありとあらゆるレッスン動画や教えがあり、誰でもアクセスできます。


気に入った動画を見ては、


「なるほど・・・このトップか・・・ここでタメがあるな・・・フィニッシュは・・・」


っていう感じで、とにかく”かたち”を真似しようと躍起になります。


でもよく考えてみてください。スイングという言葉の通り、スイングは、振るという動作の一連の”流れ”


なんです。スイングは、トップやタメ、フィニッシュ、のようなパーツを組み合わせたものではありません。


ある程度の基本を押さえつつ、あとは、振る、という全体の流れを意識してスイングしてはどうでしょう?

​このアドバイス、ぜひ参考にして、これからのゴルフシーズンを満喫してくださいね~

※小澤先生が、スイングはフローだぁ~って教えているビデオがありますので、ぜひ見て下さいね。

シェアする!

井ノ原 卓

ゴルフ・ライフ・フィットネス事務局・マネージャーをやっております。マーケティング・インターネット関連担当です。よろしくお願いいたします。

>