基本がやっぱり大事 | ゴルフ・ライフ・フィットネス

基本がやっぱり大事

飛距離アップ、スコアアップ、ショートゲームの改善、ショットの安定性など・・・自分の達成したい目標はそれぞれですが、目標が何であれ、目標達成の一番の近道は「基本」です。今日はそんな話を掘り下げます。

実は今朝・・・小澤先生のレッスンで、それぞれレベルの違う生徒さんが3名一緒に、というレッスンがあったのですが、その内容が、まさに今回のタイトル通りの内容でした。

小澤先生は、共通の、最も大事なトピックを体感してもらうために3名を集めて少し実演も交え講義をしました。

その講義とは・・・​

  • アドレスからテークバック
  • トップからダウンスイング

の基本の流れ、です。

アドレスは、以前も小澤先生が詳しく実演したのですが、​首の付け根から背骨のラインを軸とし、前傾しつつもなるべく高いポジションでアドレスするということ。

そしてグリップ、肘、肩の位置も、なるべく自然に構えるようにします。※そうすることで、スイングが、手が主導ではなく、体幹、体の回転を中心としたスイングになりやすくなります。

​次にテークバック。クラブを手で上げるのではなく、体幹、肩の回転でクラブが上がっていく・・・そんなイメージで上げていきます。※そうすることで、スイング軌道が安定します。

テークバックからトップは、体の回転で上げたクラブを、そのままトップの位置まで”自然に”上げるイメージです。※しかし・・・ここで注意が必要です。”自然に”上げるのではなく、つい手を使い、クラブを寝かし気味に上げてしまったりすることがあります。

トップまでの基本がしっかりできていると、手の力を使わずに、自然と体の回転でダウンスイングからインパクトを迎え、良い打感になります。

この基本、ものすごく大事です。3名の生徒さん全員、目からウロコ、というように、そこまできっちりと基本を教えられたことはなかった・・・と良い意味で愕然としていました。

レッスン風景をビデオに撮っておきたかったぐらいにすばらしい内容でした。

実際のレッスンには程遠いですが、ぜひこのブログの文章を参考に、あなたも試してみてくださいね!コメント、質問はいつでも大歓迎です。

シェアする!

井ノ原 卓

ゴルフ・ライフ・フィットネス事務局・マネージャーをやっております。マーケティング・インターネット関連担当です。よろしくお願いいたします。

>