【動画】呼吸打法で飛距離アップする方法 | ゴルフ・ライフ・フィットネス

【動画】呼吸打法で飛距離アップする方法

今回は、呼吸を使って簡単に飛距離をアップする方法(30ヤードも可能!)を紹介します。

小澤プロの呼吸打法で最も反響が多いのが、

”飛距離アップ”

に関するノウハウです。​そこで・・・ゴルフ・ライフ・フィットネスでも、以前、呼吸打法実践者に対し、飛距離アップに関する動画を撮影し、非常に反響の大きかった動画を紹介させていただきます!

呼吸の吸う、吐く、というリズと、スイングの上げて下ろす、という動作をリンクさせるだけで、ある程度スイングリズムが一定になり、安定してくるので、飛距離も安定してきます​(球の当たり方が改善するので)。

しかし、それだけでは、”飛ばし”の要素が欠けているので、残念ながら、大きな飛距離アップには​つながりません・・・

そこで重要になってくるのが・・・​

  • 呼吸の吐き方

です。トップからダウンスイングにかかり、インパクトに向かうゾーンで、

  • 強く、短く、太く息を一気に吐く!

のです。それだけでヘッドスピードが上がり、飛距離アップにつながります。

ぜひ小澤プロの実演もご覧いただければと思います。実践した結果報告、質問も大歓迎ですので、下のコメント欄からお願いします!​

シェアする!

井ノ原 卓

ゴルフ・ライフ・フィットネス事務局・マネージャーをやっております。マーケティング・インターネット関連担当です。よろしくお願いいたします。

>