ゴルフが上手くならない?解決編⇒呼吸打法でショットする | ゴルフ・ライフ・フィットネス

ゴルフが上手くならない?解決編⇒呼吸打法でショットする

来年、2017年のあなたのゴルフが簡単に・・・そして上手くなる解決策、それは「呼吸打法」です。なぜ断言できるのか?今から解説します。

前回のレッスンでは、ゴルフが上手くならない、難しくなってしまう理由は1つ・・・

スイングリズムの崩壊

ということを​小澤プロは指摘しました。また、ほとんどのミスショットは、

スイングリズムが速くなってしまうことが原因だ

とも指摘しました。​もう一度、自分のミスショット(パターも含む)を思い出してみてください。

スイングがいつもより速くなってなかったですか?パターも、ストロークがゆっくりではなく、カツんと当てにいくように急いでなかったですか?

もし答えがイエスなら・・・もし・・・小澤プロの断言するように、​ミスの原因が、スイングリズムが速くなること、1つであれば・・・今回の動画は必見です。なぜなら、まさに、その解決法を具体的に、小澤プロが実演してくれているからです。

​スイングリズムを速くならないようにコントロールするのは、言うのは簡単ですが、実際には難しいものです。特にコースでは・・・

きっとあなたもそうだと思います。コースでは、練習場でできたことが、いきなりできなくなったりします。同伴プレーヤーの目、プレッシャーもあります。目の前にハザードも見えます。このような状況下、自分の心は無意識に”動揺”して、

”速いこと打って終わりにしたい​”

とスイングリズムが速くなってしまうのです。

小澤プロは、長年の研究の結果、そんな”心の動揺”に左右されないスイングができる唯一のツールが、

呼吸

ということを発見したのです。呼吸の吸う、吐く、というリズムと、スイングのあげて、おろす、というリズムをリンクさせるコツを会得すれば、コースでの心の動揺に左右されることなく、理想的なスイングリズムを構築できます。

小澤プロが、どのように、呼吸とスイングをリンクさせるのか?を実演していますので、ぜひじっくり、何回も見て、実践してください。これであなたの、2017年のゴルフは​大きく変革しますよ。

コメント、質問は大歓迎です。​

シェアする!

井ノ原 卓

ゴルフ・ライフ・フィットネス事務局・マネージャーをやっております。マーケティング・インターネット関連担当です。よろしくお願いいたします。

>