ドライバー・アイアンの構造から見た効果的な打ち方 | ゴルフ・ライフ・フィットネス

ドライバー・アイアンの構造から見た効果的な打ち方

ドライバーOK!でもアイアンになると・・・

こんな悩みないですか?逆に、アイアンOK!でもドライバーになるとあれれ・・・っていうパターン。

外このような悩み持っているゴルファーは多いです。今回はそこにメスを入れ、三上プロに、

クラブの構造から見たドライバー・アイアンの効果的な打ち方

について解説・実践してもらいました。

まず、ドライバー、アイアンのクラブの構造(特徴)を見てみましょう。

​1

ドライバー(ウッド)の特徴

シャフト面よりも、クラブフェイス面が前に出ている

逆にアイアンは・・・

​2

アイアンの特徴

シャフト面よりも、クラブフェイス面が後ろに入っている

この2つの構造の違いが、実はドライバー、アイアンをうまく打ち分けるヒントになります。

ドライバーは、ティーアップをして、最下点を通り越したあたりでクリーンヒットし、理想の内出し角度で飛んでいく・・・

構造上、そういう風に打たないとちゃんと飛ばない・・・わけです。前回のレッスンで三上プロは、ドライバーで飛ばすポイント、として

ハンドレイト(手元がヘッドより遅れる)でヘッドを先行させて走らせる

という話をしましたが、まさに構造から見てもそうなのです。

アイアンはその逆で、クラブフェイスにクリーンヒットさせようとすると、ある程度打ち込むような形・・・

ハンドファースト(手元がヘッドより先行する)でないといけないのです。

昨今のゴルフ雑誌を見てると、

ハンドファースト!ハンドレイト!という言葉だけが1人歩きしている感がありますが、実はクラブの構造から、必然的に理想の打ち方、というのは決まってしまうのですね。

ぜひ三上プロの解説・実践を参考にしてくださいね!

シェアする!

井ノ原 卓

ゴルフ・ライフ・フィットネス事務局・マネージャーをやっております。マーケティング・インターネット関連担当です。よろしくお願いいたします。

>