案外知られていないドライバーで飛ばすコツ | ゴルフ・ライフ・フィットネス

案外知られていないドライバーで飛ばすコツ

今回は、あまり知られていない、ドライバーを飛ばすコツについて、小澤プロが解説します。

ドライバーで飛ばしたい!というのはゴルファーの永遠のテーマです。

しかし、案外ドライバーで飛ばすコツを知らないゴルファーが多いのも事実です・・・もしあなたが、以下のうち、1つでも当てはまるなら、今回の記事と動画は必見です。​

  • ドライバーで飛ばすには、力づくで打った方が良いと思っている
  • ドライバーよりアイアンが得意。アイアンの方がドライバーより飛ぶことが多い
  • ドライバーでスライスすることが多い

まず・・・ドライバーで飛ばすにためには、ドライバーというクラブの特徴を知る必要があります。

ドライバーはクラブの中で一番長尺でありながら、ヘッドの重さはアイアンよりも軽く、フェイスの面積はアイアンより格段大きいのが特徴です。​

この特徴を最大限に活かすには、力で打とうとすることは、NGです。そうではなく、長いアークを最大限使うこと・・・つまり、体の回転を使って、大きな円弧を​描くように浮力を使って振りぬくことが大事なのです。

アイアンは、バチンっと当てに行くような、鋭角にクラブが入る打ち方でも飛びます。しかし、ドライバーは、大きな円弧で低空飛行するようなイメージ・・・インパクト手前でソールが滑るようなイメージで打つことがコツです。

もう1つ、トップでフェイスが開かないことも大事です。クラブが長尺なので、どうしてもクラブがトップで寝てしまいやすいですが、なるべくアップライトで上げるようにしてフェイスが​開かないように意識しましょう。

開いたフェイスはスライスの原因にもなりますし、ダウンスイングでフェイスローテーションを使う必要が出てきて、ショットの安定性が欠ける原因にもなります。​

  • 大きな円弧でヘッドが低空飛行してソールがインパクト手前で滑るようなイメージ
  • なるべくアップライトにクラブを上げ、フェイスが開かないように意識すること
  • 腕はなるべく使わないで、体の回転を使って振り切ること

このポイントをしっかり押さえれば、ドライバーは必ず飛ぶようになります。ぜひお試しを~動画もご覧くださいね。

シェアする!

井ノ原 卓

ゴルフ・ライフ・フィットネス事務局・マネージャーをやっております。マーケティング・インターネット関連担当です。よろしくお願いいたします。

>