コースと練習場のギャップを埋める方法 | ゴルフ・ライフ・フィットネス

コースと練習場のギャップを埋める方法

練習場でできて、コースに出るとできなくなってしまう・・・そんなギャップに悩むゴルファーは多いもの。今回はそのギャップをいかに埋めるか?について掘り下げます。

練習場ではうまくいくスイングが、コースに出るといきなりできなくなってしまう・・・この1番の理由は・・・

  • 練習では、何球も打てる・・・という安心感があるのでリラックスできるが、コースでは、1球しかない・・・という心理的プレッシャーがかかる

というものです。

これは、意識するしないにかかわらずあります。一球入魂!という気負い、プレッシャーがどうしてもかかってくるんですね。​その解決策は・・・

  • 体の器用な箇所をなるべく使わずにスイングする

ということです。どういうことか?

体の器用な部分というのは、腕、それも肘や手首です。もちろんゴルフスイングは、腕の動きも大事なのですが、どうしても器用であるがゆえ、ちょっとした精神的動揺で”暴れる”可能性が非常に高いのです。

であれば、不器用な体幹・・・背骨を軸とした体を回転させることにフォーカスしよう・・・という考えが呼吸打法の教えでもあるのです。​

そして、体幹の動きにつられて腕がそれについてくる・・・つまり、腕の動きはあくまでも主従関係の「従」であり、「主」ではないのです。​

そして仕上は、「呼吸」です。​

「呼吸」のメリットは、精神的動揺がある中でも、簡単にスイングの

”リズム”そして”タイミング”がとりやすくなること​

ですので、体幹を主としたスイングで、呼吸の吸う、吐く、というリズムをうまくリンクさせるのです。そこまでできれば、練習場とコースのギャップを埋めることができるはずです。ぜひ試してみて下さいね!

コメント、質問は大歓迎です。下のコメント欄にお願いします。​

シェアする!

井ノ原 卓

ゴルフ・ライフ・フィットネス事務局・マネージャーをやっております。マーケティング・インターネット関連担当です。よろしくお願いいたします。

>