アプローチで距離感をつかむドリル | ゴルフ・ライフ・フィットネス

アプローチで距離感をつかむドリル

アプローチの距離感、案外難しいものです。しかし・・・

10ヤードの短い距離って、本当は手で投げても届く距離なんですね。竹内プロは、まず距離感をつかむ第一歩として

まず手で投げてみる!

ということを勧めています。

手で投げることで、距離VSふり幅、という関係が体で理解できる・・・感覚をつかめるようになるのです。

さらに・・・

次のステップとして、

片手打ち

をトライしてみるということです。左手、右手両方で試してみましょう。ポイントは、以前もプロがアドバイスしたように、

手首の角度をなるべく変えないようにスイングする

ということ。

最初は結構難しいかもしれませんが、反復練習です。難易度が高い・・・と感じる方は、片方の手を添えるように振ってもかまいません。

繰り返しになりますが、アプローチは、スコアメイキングで最も大事な要素の1つです。ぜひぜひ粘り強く練習してみてくださいね!

シェアする!

井ノ原 卓

ゴルフ・ライフ・フィットネス事務局・マネージャーをやっております。マーケティング・インターネット関連担当です。よろしくお願いいたします。

>